医療脱毛で行う脇脱毛とは?医療脱毛を選ぶメリット・デメリット

0

医療脱毛で行う脇脱毛とは?医療脱毛を選ぶメリット・デメリット

脇は季節やファッション次第で目立ちやすい箇所であり、脱毛において人気の高い部位でもあります。脇脱毛を行っている機関は主に医療機関とエステサロンがありますが、医療脱毛で脇脱毛をする場合どのようなメリットがあるのでしょうか。また、デメリットについても抑えておくと、より判断しやすくなります。

まずは効果についてです。医療機関が専用の施術機器を用いて施術を行うだけあって、医療機関による脇脱毛はエステサロンと比較しても高い効果が期待できます。医療脱毛ではレーザー脱毛の仕様が許可されており、光脱毛に比べて照射範囲は狭いもののパワーの強い施術を可能にしているのです。

参考:エステサロン脱毛と医療脱毛の違い

脇のように面積が狭い箇所にはうってつけの施術方法だといえるでしょう。また、照射パワーが強いということは、それだけ施術時間も短縮できる、ということです。脱毛はどの部位を対象にするにしても、一定期間を要します。毛のサイクルにも合わせなくてはならないため、スケジュール調整も面倒になりがちですが、施術回数を短縮することで社会人の方でも合間を縫って通いやすくなるのです。

また、脇脱毛を脱毛のキャンペーン対象にしている医療機関も多く、初めての脱毛として選びやすいメリットもあります。

最初は値段がネックになったり、いかに医療機関とはいえ脱毛に対して恐怖感がある方でも施術を受けやすくなっているため、手軽に通えるメリットは大きいのです。確かな脱毛効果が確認できれば、そのまま別の施術箇所に移行することもできるため、脱毛とはどのようなものかを確かめるのにピッタリの施術箇所です。ほとんどの医療機関では、脇脱毛を取り扱っていることも大きいでしょう。

顔やVIOラインのようなデリケートな箇所は、クリニックによっては脱毛を受け付けていないケースも見受けられます。その中でもポピュラーな施術箇所であり、脱毛効果も大きい脇脱毛はクリニックにとっても扱いやすいため、全国的に多くの医療機関で体験できるのです。

反対にデメリットを見ていくと、その痛みは無視できません。脇脱毛に限らず医療機関の脱毛全般にいえることですが、基本的に医療脱毛のような効果が高い施術方法は刺激も大きく、痛みも強くなりがちです。

痛みの度合いは個人差があるためなんともいえませんが、敏感な方は我慢できない可能性もあります。脱毛後のメリットを考えると、多くの方にとっては我慢できないほどの痛みではありませんが、体験コースなどでどのくらいの痛みを伴うのか確認することをおすすめします。ただし、こうした痛みは毛根に照射しているからこそ起こるものなので、脱毛効果が現れ始めた施術後半では痛みも和らぐことも多く、その点では強く我慢しなければならないのは前半の施術のみになります。

また、脇脱毛は人気の高い施術箇所であるうえに、暖かくなるとこぞって脇脱毛の希望者が増えてしまうため、医療機関の予約を取れなくなる可能性があります。そのため、なるべくなら秋冬にかけて脇脱毛を行うことをおすすめしますが、これから夏に向かう季節になると医療機関によっては相当混み始めることを覚悟しましょう。先程の説明通り、脱毛は一度では終わりません。何度も通うことを考えると、長期間に渡って人が空きやすい季節を選ぶことはとても大切なのです。

これらメリット・デメリットを比較したうえで、脇脱毛をどこで受けるかを決めましょう。毛根が太く強い脇脱毛は、痛みが伴う分その効果を実感しやすいため、脱毛入門として多くのクリニックで採用されています。もしもクリニックを選ぶなら、カウンセリングをしっかりと受けて、疑問点を解消したうえで施術を受けましょう。返金保証の有無なども確認しておくと、より安心できます。

akko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です