医療脱毛と痛み!VIO脱毛でも痛み止めはあるの?

0

医療脱毛と痛み!VIO脱毛でも痛み止めはあるの?

脱毛というと「痛み」は避けては通れないものの1つです。ですが、どんなに我慢しようと思っても、自分ではどうしようもないこともあります。それに効果は高くても、医療脱毛はサロンでの脱毛に比べると「痛みが強い」と言われていて、利用を悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで医療脱毛が脱毛サロンとはどう違うのか、痛みを軽減する方法としてどんなことが使われているのか、痛みが比較的強いVIO脱毛でも使ってもらえる痛み止めはあるのか、調査してみました。

脱毛サロンは脱毛したい部分に光を照射して、毛根付近のメラニン色素が含まれた細胞を壊し、毛を薄く減らしていくことを目的とした光脱毛を行います。痛みも殆どなく、費用も医療脱毛に比べると安いというメリットがあります。

一方医療脱毛を行う脱毛クリニックは、レーザー脱毛という永久脱毛も可能な方法を採用しており、費用も高く痛みも強いです。しかしサロンより効果が高く結果も早く出やすい、というメリットがあります。サロンだと何度も繰り返し照射しないと脱毛出来なかった部分も、脱毛クリニックならほんの数回で済む、ということもあります。永久脱毛が可能なので、サロンに通うのをやめたらまた生えてきた、ということもありません。

また医療的ケアを受けられる、というのも大きな特徴です。皮膚が弱くて施術後の肌荒れが心配、どうしても痛みが不安で麻酔を使ってほしい。そう考える方にとっては、医師がいる脱毛クリニックの方がおすすめです。

では、脱毛クリニックではどのような方法で痛みを軽減しているのでしょうか。

これは採用している機器にもよりますが、例えば以下のような方法があります。

・レーザーの出力を落す
・施術前、施術中、施術後に脱毛部位をしっかりと冷やす

まず「レーザーの出力を落す」のは、サロンでも行われている手法です。痛みの強さはレーザーの持つ威力によって、かなり軽減されます。しかしどうしても毛の密度が濃い場所、あるいは皮膚が薄い部位は痛みが出てしまいます。またレーザーの威力を下げた分だけ、脱毛効果が薄くなるというデメリットがあります。

一部のクリニックでは、施術前や後、行っている最中でも脱毛部位をしっかり冷やして痛みを抑えてくれます。クーリングジェルを塗ったり、冷却ガスを噴霧するという方法があります。皮膚を冷やしながら脱毛を行うと、脱毛時の痛みが抑えられるだけでなく、脱毛後に皮膚が炎症を起こすのを防ぐ効果があります。クリニックで利用する機器により異なるので、事前の確認が必要です。

そして、最も脱毛クリニックらしい痛み軽減方法が「麻酔の使用」です。使われる麻酔としては、主に笑気麻酔と高濃度表面麻酔クリームの2つがあります。

まず笑気麻酔は、亜酸化窒素と医療用酸素を混ぜ合わせたガスを、鼻に取り付けた専用器具から吸い込むことで、お酒に酔ったような状態にする麻酔方法です。

酔ったような状態になるので、痛みを感じにくくなり、リラックスした状態で脱毛を受けることができます。しかしうつぶせの状態では吸引できないので、肛門周りや背中を脱毛するときには使えません。また、稀に吸引すると気分が悪くなったり、吐き気が出る方もいるので、そういう場合は使えなくなります。

VIO周辺の脱毛時に使われる麻酔として代表的なのが、高濃度表面麻酔クリームです。

これは皮膚に塗ると20分から30分ほどで、皮膚表面の感覚を鈍くする効果を持つクリーム状の麻酔なので、VIO周辺でも使用可能です。使う麻酔クリームはクリニックによって異なりますが、リドカインやキシロカインという成分が微量に含まれており、これらが痛みの軽減に役立ちます。

ただし、これらの成分にアレルギーを持つ方は使用できません。

どちらの麻酔方法も、ある程度痛みを軽減させることができますが、追加料金が必要になることが殆どです。特に麻酔クリームは、一部位に付き3,000円近く必要になることもあるので、どうしても我慢できない、という部分に限定して使うことをおすすめします。

上手に使いながら、痛みが少なく安全な脱毛を受けて、つるつるのお肌を手に入れましょう。

akko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です